ホッチホールドは、クライミングウォールの設計、施工、関連製品の開発、販売を行うクライミングの専門メーカーです。日本のフリークライミング界の草創期を支えた掘地清次によって、1989年に創業しました。当社のあらゆるサービスおよび取り扱う全ての製品は、日本のクライミング人口の拡大やレベルの向上、そして何より、多くの方々にクライミングの魅力を感じてもらうことを目的に、クライミング経験豊富なスタッフが提供しています。


会社概要

会社名 有限会社ホッチホールド (HOTCH HOLD INC.)
代表者 代表取締役 堀地 清次
設立 平成3年4月6日
事業内容 クライミングウォールの施工、関連製品の製造、輸入、販売
許可 建設業許可:建築工事業、とび・土木工事業
東京都知事許可(般28)第126667号 (平成28年10月5日)
本社所在地 〒207-0013 東京都東大和市向原1-3-21  (地図
連絡先 TEL: 042-563-3315
FAX: 042-563-3312
MAIL: info@hotch-hold.com

会社沿革

1989年 国産初のクライミングホールド(ホッチホールド)を製作、販売開始

1989年 大倉カップ(日本初のクライミング選手権大会)のウォール製作

1991年 ホッチホールドアンドボード株式会社設立

1991年 ワールドカップ(東京大会)のウォール製作

1993年 ギアリングフィットシステム開発、販売開始

1995年 3D -FRP1500パネル開発、販売開始

1997年 DELTAウッドパネル開発、販売開始

1998年 DELTA1000パネル開発、販売開始

1998年 ホームボルダー13A開発、販売開始

2009年 HRT社と日本総代理店契約、HRTホールド販売開始

2016年 本社移転、有限会社ホッチホールドに社名変更